FC2ブログ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  2009.08.26 // その空気さえ
父親が吐血した。
それを聞いたのは、一昨日の仕事から帰った夜。

本当、ごはんなど食べる気失せるものね。
本人が救急車を拒否していたこともあり、
兄弟に現状を伝え、明日病院で診てもらったら伝えると電話。

部屋で眠る父親。
手に触れると、少し熱を帯びていた。
極力。安心させるようなことばを。
炎症を起こしているんだ、体温は当然あがるよ。
その手の大きさといい、固さといい。
千春じいちゃんのとそっくりなことに気付いた。
父の、父の手と同じだった。

考えられる限りのことをして、
朝まで待った。こんなに長い夜があったのだと。

これほど、早く明けて欲しいと思った夜はない。

原因もわかり、今は安心です。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。